牛たんへのこだわり

牛タン用_02_牛たんステーキ

個性豊かなオリジナル牛たん料理は大人気

牛タン用_01_特上牛タン焼きちゃんこ鍋のイメージが強い関取ですが、一品料理にも力を入れています。

その中でも人気の一品が『特上牛たん焼き』。

USビーフの牛たんを根元から1/3のみ使用(牛たんは根元が柔らかく先に行くほど硬くなる)。分厚くスライスした牛たんを数種類の果汁にコラーゲンを配合した水溶液に一日つけ込みます。

つけ込みが終わると半日寝かせた後、天然塩とコショウを強めに振り、ラップに包んで更に一日寝かせて味を馴染ませれば仕込みは終了。

こうして二日間以上かけて仕込んだ牛たんは、注文を受けてから強めの炭火で焼き上げて提供。時間と手間を惜しまず仕込む。

これが関取の牛たんに対するこだわりです。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です