手打ちうどんへのこだわり

うどん用_01
鍋の締めにも最適な腰の強さが自慢です!

うどん用_02関取ではちゃんこ鍋の締めに8割以上の方がうどんを注文されています。

鍋に入れても伸びない腰の強さが特徴。店内で仕込まれるうどん。
この生地造りは半日掛かりの作業となります。

日本から取り寄せたうどん用の小麦粉を、良質の水と天然塩で作った塩水でじっくりと混ぜ合わせて1時間ほど寝かせます。
それを表面が滑らかになるまで練り上げた後にまた寝かせます。
そして腰を出すための足踏みと手こねを1時間行いまた寝かす。

そうしてできたうどん生地をのし棒でゆっくりと伸ばしてカット。
カットの後は更に麺を一休みさせたらできあがり。こうしてできたうどんは、茹で置きをせずに注文を受けてから15分かけて茹で上げられます。

毎日変わらず手間暇掛けて仕込む。これが関取のうどんへのこだわりです。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です