つけ麺 ・冷やし中華へのこだわり

つけ麺用_01_豚骨つけ麺

自家製中華麺は腰の強さが自慢

つけ麺用_02_冷やし中華関取では乾麺を使用していません。中華麺も当然自家製。

日本から取り寄せた小麦粉を使用し、かん水はモンゴル産の天然かん水。

丹念に練り上げて、腰を出すためにうどんと同様に足踏みをタップリ行います。太さはスープによく絡む太麺。

この自家製麺を使用した人気メニューが『豚骨つけ麺』。

豚骨と鶏ガラ、そしてかつお節+さば節、タップリの野菜。これら四種類を別々に長時間煮込んで作られたスープを独自の割合で配合したスープは、コッテリしていながらクセの無い味に仕上がっています。

召し上がる直前にネギ油しニンニク油を入れてお召し上がり下さい。この他に醤油ベースにゆず胡椒を配合した中華つけ麺もご用意しております。

また、自家製麺を使用した冷やし中華も始めました。定番の酢醤油の他にもゴマだれと坦々スープの計三種類ご用意しております。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です